2022-02-19から1日間の記事一覧

読んだ後、なんにも残らない、なんにも覚えていない、でも、ああ、読んだなあ、って感じだけがある小説

『こどもの一生』(集英社文庫)を読み返したんですが、いしいしんじさんが解説で、 小説の価値、という点に戻れば、中島らもにとって小説は、人間のするあらゆる行いのなかで、一見もっとも余計で、あろうがなかろうが別にどうだって構わず、しかし、どうい…