小林達介個展「kobatatsu image」①

HBギャラリーのつづきです。

 

 

 

2016年1月、タツさんの個展を観に行くべく上京した僕。

 

いきなり話しは変わるのですが、僕は2020年5月6日にアルコール性急性膵炎で入院するまで20年間、連続飲酒をつづけてまして。

 

このときも夜行バスで上野に着くと、すぐさまアメ横に行って、朝からやっていてかつ安酒が飲める店を探して、一軒目酒場、とかに入りました。

 

日本酒が一合200円くらいじゃなかったでしょうか。

 

あれはなんていうのでしょう?

 

いまだに名前がよく分かっていないのですが、四角い升? みたいなのに載ってグラスが運ばれてきて、升が溢れるまでなみなみと注いでくれて。

 

はじめはグラスの上澄みを舐めて、減ってきたら升からグラスを取り出して、グラスの日本酒をちびちびやる。それで空になったら、升に入った日本酒を少しずつ注ぎ足して。

 

そうすると、一合だけでかなり粘ることが出来まして、とは言え流石に一合だけだとお店の方に悪いので、二合、三合、それと安くてなるべく身体に良さそうで、かつずっと抓んでいられるような肴を一品か二品注文して、気が付くと卓の上が溢れた日本酒でべちゃべちゃになっていて、衣嚢からiPhoneを取り出してディスプレイを見ると12時を回ってる、みたいなことになって、慌てて会計をしてもらって店を出る、というようなことをしていました。

 

 

 

千円ちょっとで三、四時間平気で潰せるのですから、随分と手頃な野郎です。

 

HBギャラリー

3人の男のつづきです。

 

 

 

作品の使用許可を得るべくタツさんにコンタクトを試みた僕。

 

どうやってコンタクトを取ったのか。

 

直接連絡したのか、それともbinちゃんを経由して連絡したのか、全然おぼえていないのですが、心よく引き受けて下さったことだけはおぼえています。

 

 

 

そうして出来上がった詩集をこっそりと販売したり、あれこれしている内に、Facebookかなにかでタツさんが個展をやられると知って。

 

 

 

f:id:tadashiitakonoyudekata:20220810123159j:image

Facebookに投稿された画像(2015年6月26日)

 

 

 

開催期間は2016年1月15日(金)~1月20日(水)、場所は表参道にあるHBギャラリー。

 

タツさんとFacebookで、

 

 

 

f:id:tadashiitakonoyudekata:20220810125308j:image

 

 

 

このようなやり取りをした僕は、2016年1月に再び上京します。

 

3人の男

夜が来るのつづきです。

 

 

 

そもそもどうしてタツさんと知り合うことになったのかと言いますと。

 

 

 

その頃僕は詩を書いていまして、詩集の表紙になるような絵を探していました。

 

手段はTwitterで、僕はノートパソコンでTwitterを見ていたのですが、イラストレーター、などのキーワードで検索して、Twitterにupされる色々な方の絵を毎日漁っていました。

 

 

 

そんなときにbinちゃんが紹介してくれたのでしょうか。記憶が曖昧なのですが、タツさんのホームページを見させていただいて。

 

その頃タツさんは、木版画、というのでしょうか。なんとも説明の付かないような作品をホームページに載せてらっしゃり、気がつくと僕は毎日のようにパソコンのモニターに見入っていました。

 

おそらくこのときにはもう僕のなかでは詩集の表紙はタツさんの作品で決まっていたのだと思います。

 

僕はタツさんがホームページに載せてらっしゃる作品のなかから、

 

f:id:tadashiitakonoyudekata:20220719192836j:image

 

こちらの作品を選ばせていただいて、タツさんにコンタクトを試みます。

 

夜が来る

はじめてお会いしたのが、

 

 

どついたるねんの第2回オナラプープーまつり

 

 

の前日だったので、2014年11月9日(日)のことでした。

 

 

確か新宿二丁目、三丁目辺りをbinちゃんと三人で喋りながら歩いていたところから記憶が始まります。

 

 

磯丸水産のような外観の飲み屋に入って、二階だったんじゃないでしょうか。三人で身を縮めるようにして座敷のテーブルを囲んで。

 

 

なにを話したのでしょう。

 

坂本移動どうぶつ園の話をしたような気もしますが、初対面の人といきなり坂本移動どうぶつ園の話をするかフツー? とも思ったりして、けれどもタツさんとならそんなこともあり得るから不思議です。

 

f:id:tadashiitakonoyudekata:20220630070846j:image

 

 

その場でタツさんの画集を頂いて。

 

f:id:tadashiitakonoyudekata:20220627222257j:image

 

ミッキーマウスの黒いリュックに大事にしまったのが、タツさんとのはじめての遭遇でした。

 

Natural Born Underdog

binちゃんという十数年来の友達がいまして。

 

先日iphoneのメッセージで連絡をもらい、

 

f:id:tadashiitakonoyudekata:20220627093456j:image

 

リンクを開いてみると瓜田さんのネットショップでして、

 

f:id:tadashiitakonoyudekata:20220627094723j:image

 

f:id:tadashiitakonoyudekata:20220627094738j:image

 

無茶苦茶欲しくなりました。高すぎるけど。

 

ちなみにバックプリントをiPhoneのアプリで翻訳してみました。

 

f:id:tadashiitakonoyudekata:20220627110629j:image

 

Natural Born Underdog Tシャツを着た竹原さん。

 

f:id:tadashiitakonoyudekata:20220627113810j:image

 

このブログを打っている間に選挙に行ってきたのですが、選挙管理委員会のおっさんがパイプ椅子で爆睡してました。

 

押忍だな。

 

TAKE.5

TAKE.4のつづきです。

 

 

 

住田秋が乗り移り、彼女と別れた僕は、サークルで再会した女の子のことをもっと知りたいと思うようになりました。

 

ちょうど、きょうじ、というダンスをやっている友達とその女の子と僕のアパートで三人で集まる機会がありまして。

 

そのときに、

 

「これ、すっごくいいから聴いてみて」

 

という会話があったようなないような。

 

とにかく一枚のCDを薦めてもらいまして。

 

STANCE PUNKSというバンドの、『クソッタレ解放区』というシングルでした。

 

f:id:tadashiitakonoyudekata:20220615030941j:image

 

3曲入りのシングルだったのですが、

 

「さらば恋人、って曲がすっごくいいんだよ」

 

と言われて、そのままCDを貸してもらったような気がします。

 

(なぜかキムタクと遭遇した写真も見せてもらいました)

 

それで二人が帰ったあと、僕は黒いラジカセにCDをセットして歌詞カードを手に、再生ボタンを押します。